株式会社ANCジャパン

ASEANビジネスのスペシャリスト

特定技能 介護面接のための事前面接を行いました

約 3 分

インドネシア 現地法人LPK KEBUNにて、特定技能 介護 事前面接開始しました

2020年2月6日(木)に、インドネシア 現地法人LPK KEBUNにて、特定技能、介護事前面接を行いました。KEBUNでは、2月下旬に日本で介護施設を運営されている大手医療法人様をお呼びし、現地で介護人材JOB FAIRを開催いたします。当日は、多くの介護希望のインドネシアの方が列を作るほどたくさんの方が来場し、熱心に事前面接に挑んでおられました。また、候補者の方からは、「合格した場合、どのようなお仕事をさせてもらえますか」「いつ日本に行けますか」「介護のお仕事には大変興味があります」など、たくさんの質問や意見がだされ、勉強熱心な方ばかりで驚きました。

当社では、2月下旬にインドネシアの8看護大学とMOUを締結し、優良な人材を定期的に募集可能となります。現在、日本では、介護人材が圧倒的に不足をしております。在留資格も、高度人材の介護、EPA、技能実習の介護、また昨年4月から新設された特定技能の介護があります。当社では、いち早く特定技能の介護で日本にご紹介できるよう、特定技能介護対策コースを新設いたしました。

お客様からは、インドネシア人の介護の特性は?性格はどんな感じなの?とよくご質問があります。私たちがよくお答えしていますのは、「インドネシア人は、介護にむいています」とお答えしております。理由としては、1つ目に、親日国であるという事です。日本が嫌いという事であれば、来日したいとも思いません。2つ目は、多様性があり、自分の意見ではなく、相手の話を聞き、和を重んじる文化がある事。外務省のデータでは、民族が約300種族あると言われており、それぞれの意見を尊重し国を作り上げていますので、人との付き合いを大事にしております。3つ目は、独立行政法人国際交流基金の2018年度海外日本語教育機関調査結果によると、日本語を学ばれている国のランキングでは、インドネシアが2位(韓国1位)です。日本語について関心が高いことが伺えます。介護現場で最も大事な日本語を多くの方が学ばれていることは大きいと思います。以上が、私共がいつもお話ししていることです。

ANCジャパンは、特定技能の優良な介護人材を日本にご紹介させていただけるよう、現地のLPK KEBUNと看護大学と連携し、教育の質の向上に努めてまいります。介護人材のJOB FAIRも定期的に開催いたしますので、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先
株式会社ANCジャパン 総合受付
名古屋本社 Tel: 052-243-2328
東京本部 Tel: 03-5652-5739
Email:info@anc-japan.com

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE